大和市のふるあっぷが推奨するZEH(ゼッチ)概念の説明と有効性とはなにか

お問い合わせはこちら

ZEHとは

ZEH

ZEH(ゼッチ)とは

ZEH(Zoro Energy House) とは自宅で消費するエネルギーと創り出すエネルギーを、最終的にプラスマイナス0にすることを目指す住宅のことを指します。

ZEHは、住宅の高い断熱性能をベースにし、太陽光や風力などの発電設備、そして電気を貯蔵する蓄電池などを設置し、「省エネ」、「創エネ」、「畜エネ」を複合的に設計したものです。

停電時も自宅で電気が使える安心感や、化石燃料ではないクリーンなエネルギーで生活することへ満足感を感じることができるはずです。 設備の購入や設置工事についても、国や自治体から補助金が受けられる場合も多いので、是非一度ご相談ください。

ZEH参考資料

ZEH01

ZEH01

ZEH02

ZEH02

ZEH03

ZEH03

ZEH04

ZEH04

ZEH05

ZEH05

ZEH06

ZEH06

ZEH07

ZEH07

ZEH08

ZEH08

ZEH09

ZEH09

ZEH10

ZEH10

ZEH11

ZEH11

ZEH12

ZEH12

ZEH13

ZEH13

ZEH14

ZEH14

ZEH15

ZEH15

ZEH16

ZEH16

ZEH17

ZEH17

ZEH18

ZEH18

ZEH19

ZEH19

ZEH20

ZEH20

ZEH21

ZEH21

ZEH22

ZEH22

ZEH23

ZEH23

ZEH24

ZEH24

ZEH25

ZEH25

merit

ZEHのメリット

家族団らん

無理なく消費エネルギーを抑え、光熱費全体を0にすることが可能です。

直接的なメリットは、光熱費の削減です。

ZEHは、高性能な断熱材や設備を使用するため、省エネ性能が非常に高い住宅です。そのため、暖房や冷房なも従来よりもぐっと利用頻度が減り、また使用する場合も消費エネルギーが大幅に削減されることが期待されるため、光熱費を抑えることが可能となります。

また、太陽光などで発電された電気エネルギーを自家消費することで、電気の購入も最小限に抑えることも可能です。

家の模型

環境保全につながります。

ZEH(ゼロエネルギー住宅)を選ぶことは環境保全につながります。

電力会社から購入する電力は、75%が火力、7%が原子力(2019年)であるのに対し、自宅の発電設備(太陽光・風力)からの発電は、発電時に二酸化炭素の排出がありません。

ZEHは政府が普及を進めている住宅システムのため、2020年度現在も補助金を受けることが可能です。環境省が母体となる補助金や、経済産業省の実証実験を伴う建築への補助金などがありますので、ぜひご相談ください。

環境省:上限60万円 

経済産業省:実証実験を伴い、上限115万円

※補助金には一定の条件や、時期による条件変更などがありますので、建築のタイミングにてご相談ください。

人々

災害時の緊急電源として

ZEHは、災害対策としても役立ちます。

近年の日本では、地震や豪雨、台風や噴火など様々な複合型災害が発生しており、激甚災害指定の事例も珍しいものではなくなってきています。

また、自治体や国の復旧作業では、追い付かないケースも多く、少なくとも3日間は自力で生活を行う必要があると言われています。

ZEHは、オール電化住宅でもあるため、ガス漏れによる火災等のリスクがなく、停電となった場合も太陽光発電などでエネルギーを創り、蓄電池に貯蔵するシステムにより、緊急時も電気が使える安心が備わっています。

リビング

住宅の評価「資産価値」が上がる

ZEHを導入するメリットは、生活に関することだけではありません。ZEH化した住宅は資産価値として上がるといわれております。2016年4月に、国はBELSと呼ばれる住宅の評価を決める基準について、新たな制度を設けました。

BELSとは、住宅の評価基準の制度で、エネルギー性能を評価します。星1つから5つまでの評価基準となっており、星が多いほどエネルギー性能が高い住宅として評価されます。

つまりZEHのような省エネや創エネといった、環境にやさしくエネルギー効率の良い住宅については、資産価値も高い評価を受けられるということです。2019年時点では、ZEHは発展段階ですから、特に資産価値を高く評価される傾向にあります。

子や孫に住宅を継がせる場合や、不動産として住宅を考えている方もZEH導入のメリットがあります。