木目を活かす技

お問い合わせはこちら

ブログ

木目を活かす技

2019/10/30

無垢材の持つ木目の美しさを活かすため

現場のひと工夫をお教えします

土間

床の縁も厚みのある無垢板で造作していきます。

パイン材穴をあけてビス止めしたところ

重さのある木材のためビス止めをします。ドリルで浅めの穴を設け、ビスを打ち込みます。

ボンドを注入しているところ

その穴に接着剤を注入し

そこに、木の節で作ったダボを打ち込みます。

面に沿ってカットをし、サンドペーパーで磨きをかけると

すると、そこにもともと節があったかのような自然な模様に

ビス止めの違和感がない自然なデザインに仕上がります。

見えない部分の気配りをいくつできるかが、全体の完成度を決めると考えています。

※コンクリートが見えているこの土間は、これからタイルを張ります。

無垢パイン材の節のある木目が、味わいある空間を演出します。