注文住宅

お問い合わせはこちら

ブログ

ふるあっぷ注文住宅の紹介

2020/02/17

注文住宅の完成です

以前施行中にご紹介した、ふるあっぷの注文住宅を改めて紹介します。

ウッドワンのキッチンを中心とした開放的なリビング

キッチン照明

キッチン照明は、部屋の雰囲気に合わせて、自由に照明の位置や種類を決められるライティングレールを活用した照明を採用しました。お洒落な照明も選択肢が多いため、照明にこだわる方に近年人気の高いパーツです。

リビングから見たキッチン

リビングからキッチンを奥に見る遠景の写真です。天井と壁の白を基調に、扉は北米のデザインを取り入れた上質な扉を採用。フローリングも明るい無垢材を使い、部屋全体が明るくも温かみのあるリビングに仕上がりました。

リビング全体

天井面に設置した窓からは、日の出から日没まで太陽の光を取り込むことができます。 電気をつけなくても、上から光が降り注ぐリビングは気持ちが良いですよ。 また天面の窓は、壁面の窓と比べ、面積比で3倍の明るさを取り込めると言われています。小さい窓でも十分な明るさが見込めますよ。

トイレ

リラックスできる空間

トイレ全景

家の中で唯一一人になれる空間とも言われるトイレ。(お風呂もそうでしょうけど) 落ち着ける空間の定義は人によって様々ですが、窓の大きさも、太陽光による明るさを取り入れつつ、大きくなりすぎないちょうどいいサイズに仕上げました。

背面収納

そして施行中から紹介していた、背面の収納も、完成後は壁と一体化し、すっきりと見えるようにいたしました。(リンク先:2019年10月工事中のブログ)

バスルームと洗面台

バスルーム

近年のユニットバスは、壁の1面をアクセントパネルと称し、差し色を入れる設計ができるようになっていますが、この物件は全体を白基調で、アクセントパネルも明るい色を採用しました。

洗面台

無垢材の台の上に洗面器ボウルを設け、セパレートのミラーを設置。 ユニット型では出せない雰囲気を施工しました。 ミラーの上部の照明はこれから取り付けます。

玄関

玄関の扉は落ち着いたダーク系、シューズボックスは北米デザインのホワイト系を採用しました。玄関床材に大きめのタイルを敷くことで、落ち着いた雰囲気を演出しました。

アクセントクロス

リビングの壁紙は1面だけアクセントクロスとして模様を替えています。まさに部屋のアクセントとして部屋の雰囲気を替えられる手法です。

キッチン横収納

OSB材の収納の完成形がコチラです。キッチンの横に配置したこの棚は、収納するアイテムによってはこのまま使ってもお洒落につかえますし、中を見せたくない場合はロールスクリーンをなどを設置すれば、すっきりとした外観で使えます。(リンク先:2019年9月工事中のブログ)